ネットで稼ぐために実績は必要か?

プラチナeggです。

ネットビジネスを行う上で、あなたは実績は必要だと思いますか?

「実績なんてなくても、稼ぐことはできるんじゃないの?」

「最近は、一般の人でもネットで商品を販売出来る時代だから
実績は関係ないんじゃない?」

どんな人でも副業や片手間で稼げるといわれている
ネットビジネスの勉強をされているのであれば、こういった意見を
持たれているのではないでしょうか?

確かに、考え方として正しいと思います。

ネットビジネスで稼いでいる人たちをみれば、実績無しの状態から
販売をおこなってきた人たちもいます。

僕も実績無しで情報商材アフィリや転売をしていましたので、実績がそれほど
重要ではないような気もしますね。

では、ここで一つ実績が無くても稼げる例を挙げます。

かなりアバウトで極端な話ですが、ブログに広告を貼って
膨大なアクセスを集めれば売る事は出来ると思います。

または、自己アフィリエイトなどすればそれはそれで
稼げるわけですから実績が全てではないという事は確かです。

せどりでもヤフオクやAmazonを利用して、実績が無くても
利益を出している人はたくさんいます。

でも、実績がある人とそうでない人の違いがもろに出るのは、

「自分で商品を紹介して売った時」だと僕は思います。

人は商品を買う時に販売者の信頼性を吟味します。

人間は儲け話よりも損をすることを極端に怖がる生き物です。

つまり、購入者側からしたら出来るだけ損はしたくないので、
購買に関して信用のある人かた買いたいと思うのは当然の心理といえます。

間一般的には、お金を支払う必要のある
サービスに対してその提供会社の信頼性を図るために
実績を見る人が多いです。

つまり、自分で商品を狙い通りに売るためには、

実績が無いよりはあった方がいいのです。

つまり、『実績は無くても稼ぐことは出来るが実績があれば、
なお有利に販売することができる』
けですね。

本業の仕事の延長としてネットビジネスに取り組まれている人は
実績はあると思いますが、関係ない仕事を経験してきて
新たにネットビジネスに取り組む人は実績が無いと思います。

そこで、初心者が実績を作るためには、まず最初にどのビジネスに
取り組むかを慎重に選ばなければいけません。

一番良いのは、比較的簡単に売り上げを出せるビジネスを
最初に実践することです。

そのほうが、自分が通ってきた道を案内するときも
成果を出してもらいやすいですからね。

数あるネットビジネスの中でも、せどりは成果を上げやすいため
副収入を早く手にしたいという場合にも適しています。

最近では環境や便利なサービスが整ってきているので
特におすすめできます。

また、将来的にアフィリエイトやDRMの仕事もして情報発信だけで稼いで
いきたいと思われた場合にも、せどりは有利です。

ネットで稼いでいる人たちは、アフィリエイトをする時や商材を
販売する時や情報発信をする時に成果を上げることができるのは、
何かしら実績を持っているからです。

報発信であれ、アフィリエイトであれ、実績がある上で
情報を発信しているからお客さんが価値を感じて
情報を読む人が生まれるわけです。

お客さんが情報に価値を感じれば、お金を払って
さらに有益な情報を得たいと思いますからね。

なので、まずは価値のある情報を提供出来るように実績を作るようにしましょう。

ただ、実績といっても、100万稼いだとか大きいものでなくても
全然大丈夫です。

簡単なものでもいいんです。

月に三万円稼いだ。

月に五万円稼いだ。

例え、自分の中では小さな実績であったとしても、何も始めていない
初心者さんから見たら立派な実績です。

むしろ、大きな金額を稼いで初心者の時代を忘れてしまっている人よりも
最初の過程を理解している人が情報発信したほうが初心者さんに親しまれます。

こういった実績を積み重ねていき、ある程度のところまで
目標を達成したら、その場所まで初心者さんを案内出来るように
情報発信をして安全な道を通らせてあげるわけです。

その過程で、稼ぎを増やしたり初心者さんにとって作業負担を
減らす事ができる教材やツールなどを
紹介したり販売をしていくわけです。

販売とは、あなたが推薦した安全な道を通るための通行料を
もらうようなものです。

の時に、せどりで稼いでいるという実績があれば、お客さんは
喜んであなたにお金を支払うでしょう。

もし、興味があればぜひ、せどりについて学んでみてください。

せどりとは

せどり無料メール講座

片手間でおこなったせどりで月収10万円を稼いだ基本ノウハウを無料で教えています。

せどりメール講座
氏名 必須です 
メールアドレス 必須です 
記事 拡散

↓関連記事↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ