DVDせどり仕入れリストを公開。お笑いバラエティ編

せどりをやり始めた最初は自分の得意ジャンルから
仕入れていくほうが商品知識もある為仕入れがしやすいと思います。


(ここでいうジャンルとは、本、CD、DVDのフォーマットではなくて
DVDの中の音楽、アニメ、お笑いというジャンルの事です。)


ただ、それでも1つのジャンルに絞るという事は、
利益が生まれる商品を見つけやすい反面、仕入れできる本数に
限界が来やすいという事になります。


その為、少しでも仕入れできるジャンルを広げておくことで
いつでも仕入れできる力が身に付きます。


そこで今回は、ジャンル拡大に応用できるように
僕が実際に仕入れた事がある商品を紹介していきます。


今回は、DVDせどりの中でも比較的単価は安めですが、
それでも売れ筋商品が多いお笑い・バラエティジャンルについて
解説していきます。

お笑い・バラエティジャンルでの狙い目

僕がまずおすすめしたいのが、お笑い・バラエティジャンルの中でも
深夜番組枠の物。


アメトーク、ガキの使いといった深夜番組枠の物は
コアなファンも多く比較的高値で販売されている傾向にあると思います。


そういう番組のDVDは、シリーズ化されているものが多く
巻によって高値で売られているものも多いです。


最初の内は、そういう売れ筋商品で鳴らしていった方が
安全かと思います。


そして、次に狙い目となるのがお笑いのライブDVDですね。


これも普段テレビで見ることが出来ないような映像が
たくさんあるので、その芸人のファンの方であれば
需要がある作品ばかりです。


こういうものを狙う事で、より大きな利益につなげる事が
出来るので狙っていきましょう。


あと、落語も狙い目になると個人的には思ってます。
立川談志さんなどの作品は、回転率は低めですが
適正価格に置いておけばぽつぽつ売れていきます。


基本的に低回転の商品であれば、需要はあるけど
供給が足りていない商品である可能性が高いので
利益を大きく抜ける可能性が高いです。


お笑いの場合には、たとえ古いものであっても
意外と売れ筋である確率は高いです。



例えば、加トちゃんケンちゃんごきげんテレビや
ビートたけしのDVDなどは、たとえ年代が古かったとしても
人気があるんですよね。


これは、テレビが現代ほど規制のかかっていない時代の
映像だからというのも要因の一つなのかもしれません。


昔のバラエティ番組は多少の無茶をしても
笑って済まされていましたからね。


現代は、視聴者からのクレームなどが相次ぐ時代なので、
そういった昔のバラエティを懐かしんで
見る需要は一定数あると思います。


ぜひ見つけたときには、これらの事を踏まえたうえで
チェックするようにしてください。

せどり無料メール講座

片手間でおこなったせどりで月収10万円を稼いだ基本ノウハウを無料で教えています。

せどりメール講座
氏名 必須です 
メールアドレス 必須です 
記事 拡散

↓関連記事↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ