電脳せどりの仕入れ入札動画の感想とやりがい

今回は、電脳せどり仕入れ方について解説した動画をお渡しした松田さんのサポートやコメントをご紹介したいと思います。

ここから松田さん↓

お世話になります 本日は、プラチナeggさんからいただいた、メルマガをじっくりと、見させてもらいました。




電脳せどりアドオン導入動画 超なかなかよろしいです。使いやすいし 早いし、電脳せどり入札動画もなかなかのモノでした。
リアルせどりを直で見ることが出来感動してます。楽しそうだなと、思って見てました。
そして、プラチナeggさんがやっている、動作・作業は、私も、同じように、やっている~ということに、驚いています。自分のやっているのが、やり方が、正しいのか、間違っているのか、わからないまま やっているわけですから、


動画を見て、ヤッターと 思いました。^^^^^


ツール使うのは、さあ 仕入れの検索やりましょうかね という 最初の一歩の時だけ利用します。あとは、その、商品を広げていく の繰り返しです。


そして、行き詰まったら、ちょっと、ツールを使っててっ感じです。




見て思ったのは、時間の短縮でしょうね。プラチナeggさんは、上から下まで、パラパラと
飛ばし飛ばしで、これは、と 思う品物だけを検索!


わたしは、これは、美味しいかもと検索空振りが当然多いです


其の違いでしょうね。当たり前でしょうが。また、自分では、わからなかったですが、リアル仕入れを見させてもらって、パソコンの画面を直で見るのではなく


ちょっと 離れた後ろのほうから見ると 仕入れ商品が無限にあるということでしょうか。ちょっと 以外でしたね。




多くの人が参入しようとも、まず、枯渇することは、ないなあ~と 思います


さて、話は、変わりますが、DVDを購入されてお客様からご連絡をいただきました。‏




アマゾンからの、ご連絡で、ゆうメールで送らせてもらいます。到着は、PM8時頃だということです。


それに対して、お客様が私にメールで、ゆうメール配達スルということですが、ポスト投函ではなく 手渡しなんですかというメールでした。




1万円ぐらいのDVDの商品なんですが、ゆうメール便の場合は、ポスト投函なんでしょうか手渡しですか、
自分の場合では、宅急便は、ポスト投函だったような。ゆうメールはどうだったかな?


アドバイスお願いします‏


動画、ありがとうございました。これで、お陰様で、上達への道具は全て?  取り敢えずは、揃えました。
あとは、日々精進 精進です。‏

ここから僕↓

>電脳せどりアドオン導入動画 超なかなかよろしいです。使いやすいし 早いし、電脳せどり入札動画 も なかなかのモノでした。


ありがとうございます(^^)
喜んでいただけてうれしいです。


実際に稼いでいる人の動作を見るというのは、参考になると思います。
自分でやっていることが正しいのか?自信を持つことが出来ますよね。




>多くの人が参入しようとも、まず、枯渇することは、ないなあ~と 思います
その通りです。
せどりは、飽和したという人もいますが、大体そういう人はハードルを乗り越えられずに挫折した人がほとんどです。


世の中に商品って数えきれないくらいあります。気が遠くなるくらいあると思います。
その中で、どのようにして利益の出る商品を見つけるか?がカギとなります。


当然、美味しい商品も無限にありますので、安心して今後も取り組んでいただけたらと思います(^^)




>1万円ぐらいのDVDの商品なんですが、ゆうメール便の場合は、ポスト投函なんでしょうか
>手渡しですか、


ゆうメールは、ポスト投函になりますよ。
宅急便は、ピンポン鳴らして、サインを書く必要がありますね。


日々精進ですね。
再び頑張っていきましょう(^^)

ここから松田さん↓

おせわになります また 1つ 覚えました。
早速の、ご返事ありがとうございます。 直ぐ様、お客様にそのように、メール送らせていただきます。


お客様も このDVDは、以前から欲しかったもの、めっちゃ楽しみにしていますとの、お声でした、転売の楽しみは、お客様とのこういうやり取りが、こちらの、喜びになるんでしょうね。




何にしても、やり取りの、キャッチボールは、楽しいものです。


今、生きていることに充実してます。と言うか、 この転売に めぐりめぐり、まわりまわって、また いろんな人と出会い別れ、出会いの中で、やっと、自分に合う、マッチしてる、日々の、日常生活を得たことを、感謝します。


以上でございます。 ありがとうございました     \(^o^)/‏

せどり無料メール講座

片手間でおこなったせどりで月収10万円を稼いだ基本ノウハウを無料で教えています。

せどりメール講座
氏名 必須です 
メールアドレス 必須です 
記事 拡散

↓関連記事↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ