DVDせどりリストを公開。音楽DVD、Blu-ray編

どうもプラチナです。
僕は、仕入れにおいてせどりリストを重要視していません。


なぜかというと、リストに書いてある商品が必ずしも
店舗に置いてあるとは限らないからです。



その為、仕入れ時においてはリストというよりも頭の中に
ある商品知識といざ棚を目の前にしたときの
イメージで狙い目商品を仕入れています。

a0002_009248



勿論仕入れ対象となった商品は、検索をかけて
調べるようにしていますよ。


ただし、感覚的に目星をつけているため、リストに頼る
仕入れ方ではないというわけですね。


では本来、せどりに役立つリストの使い方とは一体
どういう方法なのか?


これは、リストに書いてある商品を知って、その商品の関連商品を
調べていくために役立てていきます。



リストに書いてある商品は、必ず置いてあるとは限りませんが
それに関連した商品は何から店舗に置いてある可能性は高いです。


リストにある商品をそのまま調べるのではなく、関連商品で
美味しいものが無いかを探すようにすると、思わぬ利益を
得る事が出来るようになりますよ。


では、リストの使い方が分かったところで今回は音楽ジャンルDVDで
僕が仕入れてきて美味しいと感じた商品を紹介しますね。

DVDせどりリスト、音楽DVD、Blu-ray編

僕が仕入れをする時に、必ず見ている棚が音楽DVDの棚です。


理由は、僕自身がロックバンドをやっていた事もあり、多少なりとも
音楽に詳しい事とあと、単純に利益を出しやすい商品が多いから。



音楽DVDは、楽曲だけでなく映像も見たいというコアなファンが
主に購入するので、価格も高めに設定されています。


そういった商品をセールなどで仕入れると、利益を
多く取れる機会に巡り合えるわけです。



では、その中で、僕のオススメのアーティストは
誰かというと、ラルク。


ラルク関係のDVDは、結構どれも高値で売られていますし、
HYDEが別に組んでいるバンドのVAMPSも狙い目のものが多いです。


ビジュアル系バンドの値段設定はピンキリですが、
ラルクは比較的安定しているでしょう。



あとジャンヌダルクも美味しいものがあるように感じます。


高値で回転率が良いものだとこういったメジャーアーティストである
事がほとんどであるような気がします。


コアなビジュアル系バンドは回転率が良くないものが多く
リスクヘッジにはあまり向いていないでしょう。


もし、そのジャンルに詳しいのであれば、仕入れても良いかもしれませんが、
低回転商品である場合には中古出品者数やライバルの手持ちの
在庫数を確認してから仕入れる事が大事になってくるでしょう。


低回転商品をずっと持っておく事ほどつらい事は無いので。


出来るだけ回転率を意識して仕入れるようにしましょう。


例え、今回話したラルクDVDが良いという先入観だけで
仕入れたりせずしっかり検索して勝負できると
思った商品を仕入れるようにしてください。


では、参考にしていただければと思います。

せどり無料メール講座

片手間でおこなったせどりで月収10万円を稼いだ基本ノウハウを無料で教えています。

せどりメール講座

氏名*  姓:名:
メールアドレス* 

記事 拡散

↓関連記事↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ