錦織圭の父親の職業は?親の教育から学ぶビジネス哲学

今スポーツで話題になっているのが、プロテニスプレーヤーの錦織圭選手。


彼は、現在開催されている四大大会『The US Open Tennis Championships 2014』で
9月4日に世界ランキング第4位のスタン・ワウリンカ選手を下しました。




これで、錦織選手は全米4強に入るまでの超トッププレーヤーとなったのです。
これまでの過程で、諦める事なく辛い練習や試合などたくさんのハードルを
乗り越えてきたからこそ手に出来た素晴らしい結果ですね。


そんな今最も輝いているアスリートの錦織選手ですが、
どのような家庭に生まれ育ってきたのでしょうか?

a1180_010606

錦織選手の家庭は、森林土木の技術者である父親の清志さん
母親の恵理さんも趣味程度にテニスを楽しむという家庭。


言ってみればテニス一家なのですが、それほど熱心に取り組むほどではなかったので、
ご両親もまさかプロテニスプレーヤーが生まれるとは思っていなかったのではないでしょうか。




姉の玲奈さんもテニスをされていたそうですが、これといって目立った成績は残していません。
清志さんいわく、2人の子供にラケットを買ってきたのは家族で楽しむためだったのだとか。




元々、錦織家の教育方針は、好きな事をやらせるというのが基本コンセプト。


だからテニスだけというわけでもなくて、やってみたいと思った
スポーツはなんでもやらせてきたようです。


ただ、中でもずば抜けていたのはテニスだったそうです。




好きな事を自由にしていいというのは、子供にとっても楽しい環境でしょうね。
個性が育つ気がします。


今回、4強に入るような実力を身につけたのは、錦織選手のたゆまぬ努力の賜物ですが、
好きな事をやって楽しむというコンセプトが錦織家にあったため、結果的にプロテニス界へと
導かれ今回の成功を導き出せたのではないでしょうか。


また、小さい頃からテニスの才能があったため圭選手のご両親もよく日頃からサポートしていたそうで
家族からの協力があった事も強く影響しているのでしょう。

好きな事をして、楽しむ。

実はこれはビジネスの成功にも関係してきます。




ビジネスの場合、取り組む期間は非常に長期になるため自分の苦手な事を
選んでしまうと長続きしません。


好きな事や向いている事でなければ、手間をかけて成長させようと思わないですよね。
植物を育てる場合にも、毎日水やりをかかさず行っているから芽が生えてきます。


水やりは毎日の事なので、どうしても億劫になりがちですが
毎日欠かさず行う事でしっかりと根付いて大きな花を咲かせてくれるわけです。




これは、個人の才能を存分に発揮する事にも類似しており
好きな事であれば、継続しやすくなる分その分野に関して大きな成功を収めやすくなるわけです。


実際、嫌いな事をして成功したという人はいないですよね。


誰に何を言われようと自分が好きなビジネス。自分に向いているビジネスを行う事。
これがビジネスで成功するために最も重要なコツだといえます。

個人が最も始めやすいインターネットを使ったビジネスについて詳しく知りたい方は、続きをご覧ください。

button_002

せどり無料メール講座

片手間でおこなったせどりで月収10万円を稼いだ基本ノウハウを無料で教えています。

せどりメール講座

氏名*  姓:名:
メールアドレス* 

記事 拡散

↓関連記事↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ