せどりの仕入れのコツ。俺様価格に気を付け相場をよく確認すること

友人や後輩、読者さんから、せどりに関する質問を受ける時があるのですが、仕入れをするというだけで様々な着眼点が必要だということに改めて気が付きました。


どんな商品でも仕入れれば良いのではなくて、商品に対して吟味して利益が生まれるかどうかを調べることで、初めて仕入れができます。




僕も今ではセールもやっていない店舗で仕入れができるようになりましたが、僕自身が何気なく仕入れしている感覚は、これまでに培ってきた知識と経験があるから仕入れできているものだと感じました。


このブログでは、そうした分析方法の一つ一つを解説していきますね。


闇雲にやるよりも、僕の仕入れノウハウを学んでいただいてから実践したほうが効率が良いので、どんどん学んでいただいて考察力を深めていってください。




で、今回は俺様価格に気を付ける。という着眼点について解説していきます。

俺様価格に気を付けよう

あなたは、俺様価格というのをご存知ですか?


俺様価格とは、ライバルがいないamazonの在庫に1人だけ出品などする場合、自分だけが相場をコントロールできるので高値で値付け販売することをいいます。




「俺様しか商品を持っていないので、これくらいの値段で売ってやるよー」という感覚でしょうか笑


なぜ、このような状況が生まれるのかというと、その商品の需要が多くて在庫が無くなってしまうからです。

せどり コツ 俺様価格


在庫がなくなり、そこに一人の出品者が商品を出した場合、入れ食い状態になります。




そのため、例え高値で販売したとしても売れる。


在庫の無い貴重な商品を出品できるのは、かなり有利なわけですね。


ただ、そこで気を付けたいのが1点しかない在庫への出品登録時。




俺様価格にどう対処するべきか?ということになるのですが、これは基本的にAmashowで相場を確認してから、その平均的な相場で販売することで販売しやすくなります。


ただ、俺様価格の価格帯を崩したくないという場合もあると思います。




俺様価格に合わせれば、こちらも高い利益を獲得することが出来る可能性があるからです。


だから、やるべきことは俺様価格に合わせておいて、売れなければだんだんと平均相場に合わせて安くしていくというのがおススメです。


そうすれば、高値で売れても良いし売れなければ安値にすることで結局は利益が取れるので、無駄がないですよね。




そして、注意しておきたいのがそういう商品はいずれ相場が元に戻るということ。


その時は、供給が無くてもだんだんと他の出品者から供給が生まれてきて、相場が元に戻るというのはよくあることです。


そのため、安値で売りに出してきた出品者がいたら、平均的な相場に戻して出品することで売りぬくことが出来ます。


常に相場は変動していて、適正な売れ筋と利益を得るには販売の波を的確にとらえることが大事だといえます。

せどり無料メール講座

片手間でおこなったせどりで月収10万円を稼いだ基本ノウハウを無料で教えています。

せどりメール講座

氏名*  姓:名:
メールアドレス* 

記事 拡散

↓関連記事↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ