Amazonの購入者からクレームが来た場合の対応方法

せどりをやっていると、少なからず購入者から評価やメールという形でクレームを受けることがあります。
a0002_004042
仕事には、クレームはつきものですがせどりの場合にはどのように対応すればよいのか解説していきたいと思います。

Amazonの購入者のクレーム対応方法

これまでせどりに取り組んできた中で、購入者から頂いたメールは様々あります。
僕に届いたメールの中でも、他の出品者さんにも届く可能性が高そうなメールをご紹介します。



・商品の中身が違っていた。(出品者側の責任)

これは、商品のケースは合っているのに中身に関係のないディスクが入っていた場合です。
FBAに送った時点で間違っている可能性が高いので、高確率で出品者側の責任になります。




返品してもらって返金するか返金だけをしても良いでしょう。



・初回限定版ではなかった。(記載の義務はないですが、記載していて限定版でなければ出品者側の責任)

初回限定版かどうかというのは、仕入れの段階で調べておいたほうが良いですね。
ただ、商品によっては見分けがつかないものもあるので、気になるものは発送前に調べておくことが大切です。




購入前に聞かれる場合もあるので、初回限定版の記載は説明文に買いておくようにしましょう。



・傷のない状態のものを購入したのに、傷がついていた(配送業者?か出品者の見落とし)

傷があるものは、お客さんからすると非常にショックですよね。
出品時点で確実に傷が無いと分かっているものに関しては、保管中か配送中に傷がついたものと考えられます。




傷がついている説明文がなされていても、傷がついていたと言ってくる購入者さんもいるので傷がある場合は出来るだけ説明文の冒頭に記載するようにしましょう。




保管中か配送中に傷がついた場合は、Amazonに傷がついていたことを相談してみましょう。



クレームの心構え

商品の状態につけられたクレームは、商品説明文に書いてあるのにもかかわらずクレームを出してくるお客さんもいます。
一見、意味不明なのですが商品説明をよく読まないで購入した場合だと思います。




そういったトラブルを防ぐために、問題となりそうな状態が商品にある場合は、商品説明の冒頭に問題を書いておいたほうが無難です。




必ず目に入ってくる部分なので、お客さんの目につきやすいので事前にトラブルを回避できるわけです。




せどりは、たくさんの商品を取り扱うのでクレーム処理に時間がかかると非常に多くの時間がとられます。
出品時点で、後々に問題が起きないかを確認しながら作業するようにしましょう。

せどり無料メール講座

片手間でおこなったせどりで月収10万円を稼いだ基本ノウハウを無料で教えています。

せどりメール講座

氏名*  姓:名:
メールアドレス* 

記事 拡散

↓関連記事↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ